18番トラムでハラチャンスカへ

プラハの街。毎日のちょっとしたことや、嬉しかったこと、旅の事…
<< チェコのお盆とかぼちゃ祭り | main | おデザブロ >>
奇数食べちゃん

「先に押しとくね」という方人気ブログランキングへ日本ブログ村へをクリック。ありがとうございます。

 


どうして靴下はいつも片方なくなるの?

 

 

楽しいなぁ〜と思っていたイラストの作品が映画になったので観に行きました。ね?ステキなイラストでしょう(^^)

 

リホジュロウティ

www.lichozrouti.cz

リホジュロウティの意味は、奇数を喰う…といった意味らしいのですが、ご主人とあーでもない、こーでもないと話しました結果「奇数食べちゃん」ということにさせてください。

 

こちらが公開中の映画。「あ、広告を見て気になっていた」という方もいらっしゃるかも。

チェコ語超わかんなかったですが、(^^)テヘっ、それでも話はわかりやすくとてもよい話。言葉がわかんなくったって、この可愛い奇数食べちゃん達が動くのと、美しいコンピューターグラフィックスのプラハの街を観るだけで十分価値があります。

 

映画のページはこちら

www.lichozroutifilm.cz

 

お話

奇数食べは人の靴下を失敬しては食べる妖怪。時々靴下が片方なくなるのはこの奇数食べの仕業。奇数食べのヒフリークは大好きなおじいちゃんが死ぬ時に「決して靴下は両方とってはいけないよ」と遺言され、「実はなお前には叔父さんがいる」と教えられます。

 

知っていると更に楽しめる単語3つ。

Fusekle(フセクレ)  靴下の俗語、日常でもよく使われ、映画にもたくさんでてきます。一般的にはponožky(ポノシュキイ)。

Lichoň(リホニュ) この妖怪が見える人間はリホニュだけ。リホニュとは家族のない天涯孤独の身のことです。教授とホームレスさんは天涯孤独の身なので奇数食べが見えます。

Ponokvašky(ポノクヴァス) ponožky(ポノシュキイ)靴下とkvas(クヴァス)発酵をいっしょにした造語。船の上でワル達が密造しているなにやら薬物です。それにしても発酵した靴下とは〜((( ;゜Д゜)))

 

たのしいよ(^^)

 

それではみなさま、世界のどちらにいらしても、引き続き素晴らしい週末をお過ごしくださいませ。ありがとうございました。

 

応援に(^^)
今の気分はコーヒー?人気ブログランキングへそれとも緑茶?日本ブログ村へのお好きな方をクリックして下さると、ランキングのページが開いてこのブログに1票入ります(^^)。このみなさんの応援を励みに頑張っております♪ありがとうございます。

ぼ ゆ
↑を押してから新居「18番トラム…」に行ってやってくださいませ。
こちらに引っ越しました papaya.oops.jp/18/
| こぶりは | プラハ!プラハ! | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









ただいまのプラハ ⊂((・⊥・))⊃

ただいまのプラハ


一番上へ